人には聞けないVIOのレーザー脱毛について

人には言えないムダ毛の話、特にVIO部分のムダ毛。
脇や脚なら、親しい友人同士の会話に出るかもしれません。しかし、VIOとなると、気軽にお話は出来ませんよね。
だけど、あまり話題にしづらいだけど、意外と悩んでいる方多いんですよ。

 

まず、海外、特に欧米諸国ではVIO脱毛は一般的です。人に見せるものじゃないわと思ってる方でも、毎月の生理の際に困ったことありませんか。真夏の蒸す時期にナプキンでかぶれた方もいらっしゃると思います。

 

また、スポーツクラブのプール利用者の方は、毎回Vラインの処理が面倒ではないでしょうか。VIOにある毛は外陰部や生殖器の保護という役目がありますが、それでも他人より毛深いと自覚している方は、過剰にあるのは余分だなと思ってしまいますよね。

 

しかし、VIOは場所が場所だけに、なかなか処理しずらいところです。自己処理はなかなか骨の折れる作業です。そこで、おすすめしたいのがクリニックでの医療レーザー脱毛です。

 

脇や脚なら、レーザー脱毛を経験された方もいらっしゃると思いますが、VIOはなかなかトライしづらいもの。また、スタッフに気軽に質問できるものもないですよね。

 

そこで、一般的にどのような処理になるのかお話したいです。

 

まず、当該クリニックがVIO脱毛を実施しているか。

 

レーザー脱毛を行っているクリニックであれば、たいていホームページ等で金額や範囲についての説明があります。そして、当然VIOも含まれているところが多いです。

 

なかなか質問しづらい箇所であるために、丁寧に説明しているところもありますので、現在通われてるクリニック等ある方は、是非一度ホームページの確認をしてみた方がよろしいでしょう。

 

また、いつも処理していただいてるスタッフに何気なく効く方法も有効だと思います。
一番痛い箇所はどこかと聞けば、VIOをあげるスタッフが多いからです。

 

どのような格好でレーザー脱毛をするのか。

 

こちらもクリニックによりますが、下着を持参するように指示のあるところから、使い捨ての下着を用意してくれるところ、下半身には一切衣類を身に付けないところとあります。

 

基本的にはM字開脚の姿勢で、VIにレーザー照射を行い、うつ伏せになって、Oの照射を行います。
これもクリニック毎にあるかと思います。

 

痛みはどれぐらいなのか

 

VIO部位のレーザー脱毛の痛みを一番に挙げる方が多いです。
ただ、クリニックによっては、クリームによる麻酔を行ったりするところもあります。

 

個人的に、市販薬の痛み止めを飲む方もいらっしゃいます。
VIOは人によっては、脇よりも毛の色が濃く、密生しているので、黒いものに反応するレーザー脱毛は激しい痛みをともないます。

 

そのため、クリニックによってはレーザーの照射レベルをかなり下げてから行うところもあります。そうした結果、あまり痛みを感じなかったという方もいらっしゃいます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
なかなか人には聞けないVIOのレーザー脱毛。
気になる方は勇気を出してトライしてはいかがでしょうか。

 

関連する記事:VIO脱毛について詳しく解説